【読書】アンガーマネジメント

  • ブックマーク
  • Feedly

アンガーマネジメント

内容

2020年6月から大企業において「パワハラ防止法(改正労働施策総合推進法)」が改正された。パワハラが常態化して改善が見られない企業は、企業名が公表されることが決定している。

怒りはその強い攻撃性から、家族・友情・職場を「壊す」ことがある。怒りは他者だけでなく自分にも矛先を向け、自傷行為を引き起こす場合がある。自傷行為は、身体を傷つける行為だけでなく、過度な喫煙や飲酒を含まれる。また、怒りは上から下に伝染する。弱い者から更に弱い者へ、負の連鎖が生まれる。

Googleはチームの生産性を最大化する取り組みとして「プロジェクト・アリストテレス」と名付けた労働改革を2012年から実行した。そこでは、心理的安全性の高い職場は、圧倒的に生産性が高いということが立証された。だからこそ、アンガーマネジメントは重要だ。

怒りは誰かから影響されて、自分が生み出しているものではない。怒りは、自分が生み出しているものである。自分が生み出すものである以上、怒りは自分でコントロールできる。反射的に生産する「怒り」のメカニズムを分析すれば、アンガーマネジメントできるようになる。

怒りはどう生まれるか

「べき」という信念は、個人差があり、また時代や環境によって変化する。後輩は先輩の言うことを「聴くべき」、年上からの電話は「返すべき」、料理は女性が「作るべき」など、「べき」という信念<=コアビリーフ>に陥ると、怒りを発生させる原因になる。怒りは、近い存在にこそ強く出る。これは、甘えである。

また、防衛感情が原因で怒りも生まれる。怒りは2次感情である。人間は初めに1次感情である「悲しみ、困惑、虚しさ」が生まれ、その後に1次感情の防衛の為に、2次感情である「怒り」が発生する。

怒りの根底にある一次感情を分析し、相手へのリクエストへ変換する。なぜ人がアンガーマネジメントが出来ないかと言えば、そのステップは大変に手間で、面倒臭い。その短期的な処方と、長期的改善法を体に叩き込んでトレーニングする。そうすれば、怒りにくい身体になる。

短期的な対処法

①:数値化する。腹立った際に、まずは深呼吸して6秒待つ。6秒待てば、理性が追いついてくる。怒りのバロメーターを数値化してみる。0〜10点の間で、怒りの出来事を評価する。人間は基本的に2〜3点で怒っている事が多い。

②:怒った時の合言葉を決めておく。「何とかなる」「大丈夫」「大したことじゃない」と声に出してみる。人は感情的になるとボキャブラリーを失くし、反射的な判断に頼るようになる。

長期的な改善法

①:記録する。アンガーログを録る。日付・場所・内容・要点を書く。記録を残しておくと、自分の「べき」が何処にあるかを理解する。

②:分類する。ストレスログを録る。変えられる/変えられない、重要/重要でないのマトリックスで整理する。

③;自己受容する。サクセスログを録る。自己肯定感があれば、防衛感情に余裕が生まれる。スポーツ・睡眠・コミュニティを大事にする。つまりは、心理的安全性の高いコミュニティを持っておくこと。

相手の怒りは変えられない。怒りは自らが生み出しているものであるから、それを他人が変えることなどできないし、そんなこと思わなくてもいい。出来る事といえば、怒りの土台になっている1次感情を観察し、フォーカスすること。

例えば、ハンバーガー屋さんで購入した商品の中身が乱雑に包装されたことに対して怒った客に対して、代替のハンバーガーをひょいと差し出すのは「怒りの解決」にはなっていない。客は、代替えの商品が欲しかった訳ではなく、1次感情を理解して欲しかっただけなのだ。

アドバイスではなく共感を求めているだけなのである。怒りの感情を生み出している1次感情の悲しさにフォーカスすることで、怒りを怒りとしてみない。そのバックボーンにある1次感情にフォーカスし、共感してみる。

感想

「怒る」ことに、実利は全くないことは頭では理解している。

怒っても問題解決は起こらないし、「返報性の原理」を理解している人であれば、長期的な付き合いを必要する人間に対して怒りの感情をぶつけることが非合理な対応策であることは客観的に理解できる。

過去にあった「怒りの出来事」を反芻し、あの時ああいえば良かったと思う時間は非常に不毛である。相手が居ない訳であるし、相手は何も思っていないのだから、それを想起して負の感情を呼び起こすことは無意味である。

本書でも、怒りは誰かの影響ではなく「自分が生み出しているもの」であると述べられていた。同じことをされても、同じ反応にはならないのが人間。どう受け取るかは本人に任せれている「自由」がある。

色々考えた結果、自分の中で現在の最適解は以下のようになった。

<自分>

  • 自分が怒りを表してもいい。でも、大きな声で怒鳴らないこと。
  • 本人に直接ガチギレせずに、1次感情が生じた時点で「心理的安全性の高いコミュニティ」を巻き込むこと

<他人>

  • 怒りを「怒り」としてみない。相手は悲しさ/虚しさの「1次情報」に共感して欲しいだけで、アドバイスを求めていない。
  • 言語による対話においては主観を極力排除し「客観性」で判断すること。感情的な相手には対応しないこと。関与しないが最大の報復であること。

「怒る」ってのは、何かしらの防衛本能が働いている当然の行為であって、社会生活を送っていて怒らない方が異常。相手や内容に応じて無駄に体力/精神力を消費したくないけれど、理不尽で不当な行為を全部受け流せるほど人間が出来ていない。いつか噴火してしまうのなら、自然体で普段から怒りの感情を制御しない方がいい。

突然に公共の場でワーワー怒るのはダサいから、普段から上手く怒る。でも、怒ってもいいけどコレは自分のモラルとして大きい声で怒鳴らない。怒鳴る人間はカッコ悪いからよ。こんなことされたら嫌だって思った瞬間に、怒る。我慢しない。フラストレーションを溜めない。

断るプログラミングを、以前の記事で書いた。

アンガーログ

感情的に話をしてくる人は、これまで自分のストレスとなる1番の原因だったが、今となっては1番に話を聞く必要がないと思い、すぐにコミュニケーションのスイッチを簡単に切る判断が出来る対象となった。1番簡単な相手である。

会話において感情的になるのは、自分の主張を相手に聞かせたいというエゴでしかない。当然に、人の期待に答えてはいけないし、人の願望に答えることが出来る自分を期待しちゃいけない。そもそも普段から他人を期待していないし、自分に期待もしてない。感情的になる人の相手は自分には出来ない。冷静な精神状態を自分が保てないし、そういう人間と話したら自分が壊れてしまう。

以前に書いたとおり、「関与しないが最大の報復」である。相手はこちらに振り向いて欲しいから感情的になるのである。その誘いに乗ってはならない。相手の期待に応えたら、相手の思うツボである。

と思ったら、相手にする必要がないと自然と思えるようになったし、相手の話を聞かない習慣をつけた結果、そういう人間とのコミュニケーションの距離感を上手くとれるようになってきたと思う。

全然要点だけになってないけど、以前にアンガーログを残しておいた。

ガチギレ回避できた案件

今朝、契約相手方の会社の社長さんから連絡があったようで。電話を折り返すと訳のわからないことを言ってきた。電話の用件は、既に精算した契約事項に関して不服があるんで今から変更契約をしろ!って話だった。

突然のことで理解が追いつかず、しかも、その契約に関しては、これまで相手方の会社担当者T氏と連絡を交わしていた。契約完了後になってはじめて相手方の社長から連絡があったために、そんな話を突然されるとは全く想定していなかった。

その業務については既に契約完了しており、どう転んでも今更になって変更契約は出来ないのだが、電話越しの相手が社長と言うこともあり、話を簡単に否定することも出来ず、とりあえず「会社の担当者さんと一度相談させてください」いって、電話を切った。

すぐさま、担当者のT氏に連絡を入れたところ「そんな話は社長とはしてない、これから変更契約なんて普通は出来ないですよね」との回答だった。

何やねん。これ。は?何で担当者が内容知らねえんだよ。

しかも、契約に不服のあった内容というのがマジでどうでもいい話。金額にすると数万円単位の話だが、相手の社長から自分みたいなヒヨコ担当に直接電話かけてきて、これはもう脅しに近い所業だってこと。多分、向こうの社長はそんなことも思ってない。

マジで意味わからん、てめえの会社どうなってんだよって腑が煮えくり返したけど、最近はマジギレ禁止令を遵守しているので、そのT氏との電話でも癇癪を起こさずに和やかに電話を切ることに成功した。

しかし、腹が立ってしょうがなかったので、午後になってからT氏に嫌味の効いたメールを送った。こんなメールが送れるようになった俺って偉いねって思いながら、理不尽な話は絶対許さないモードに突入したので、嫌味一杯にメールしてやった。

本文:「今朝方、御社の社長様から突然にお電話を頂いたので大変に驚きました」→ 意味:「てめえんとこの社長から朝っぱらから苦情の電話があってクソむかつきました」

本文:「弊社の社長にも内容を報告したいと思っていますが、御社では現在もご検討中でしょうか」→ 意味:「本当にやるならこっちもトップ連れて喧嘩するんで、分かってるよな?マジでやる気だよな?」

本文:「担当者T様においては、本契約に関するお問い合わせの内容をご存知ないようで驚きました」→ 意味:「何で担当者が知らねえんだよ、遊びじゃねえんだ、契約だぞ!てめえの会社どうなってんだよ、絶対許さねえぞ」

会社の内部で情報共有せずに、独断でこっちに直接連絡してくるとかあり得ない。しかも俺みたいな立場が弱い担当者に。そういう人間マジで嫌い。もうこんなことが日常茶飯事で、すげえストレス。ストレスの原因は大体糞ジジイの電話。田舎で働くことの1番のストレスって高齢者の相手。

事情通にその会社のことを聞いてみると、どうやらその社長は人殺し以外は何でもやるタイプらしい。特に金のことに対しては、糸目がないとのこと。迷惑を被った人が周辺に何十人もいて、そもそも関わったらイケナイタイプだった。

今朝の対応で「担当者のTさんに連絡させてください」で大正解だった。後のメールはしない方がよかったけど、ムカついてたから仕方ない。そもそもちゃんと話を聞かない、意味不明でキレそうなことはとりあえず適当に流して最大限関わらないってことが最適な手法。自分はそんな器用じゃない。

関与しないが最大の報復。文句を言っても結局行動してくれる人が最強であることは間違いなく、文句を言わないけど結局何もしない人間が1番使えない。最も屈辱的なのは、相手が期待に応えない=行動しないことである。

最近、特に老害の相手が疲れてきて、いちいち否定してくるヤツとか、こっちが作業してるのに一方的に話してくるヤツがクソほど気に障って、自分もマジギレしそうになるけど、公共の場でマジギレする方が恥ずかしいって思う尊厳だけは保ちたい。これは人間として。

てめえが質問してきたから、こっちが話してるのに、そもそも向こうはこっちの意見聞いてねぇとかよくある。こっちの意見にわざと突っかかって否定ベースで議論に乗っかってくるから、「は?てめえ何言ってんの?ちゃんと話聞けや!適当なこと言うんじゃねぇえええええ!」って怒鳴り上げてやりたくなる衝動に駆られるけど、マジギレしたら自分が負け。

キレそうになって当然だけど、そもそも真剣に話を聞かないようにすればいいんや。尊敬できる人や、好きな人にだけちゃんと話を聞けばいい。

マジギレは恥ずかしいよ。絶対やめよ。

周囲を巻き込み回避した案件

今日も突然にやって来た職場の人が、意味わからんメモ書き持って来て、その訳わからん内容を伝えようとして来たけど、あまりにも意味がわからんかったので自分の上司が会話ヘルプに入ったところ、私ではなく上司がオコ状態に入ろうとしてしまった。

そして、仕事の押し付けあいによるオコな感情が蔓延り始めたので、知らんふりをして目を合わさずに適当にあしらっていたところ、勝手に別の場所で議論が始まって、気づけば更に上のレベルで話がまとまった。つまり、私の知らないところで勝手に勝負がついた。

多分今までだと、ちゃんと話を聞いてあげたい気持ちが強くて、相手の話を聞くけどやっぱり相手が意味わからんと思って、そのコミュニケーション労力を割いた上に、最悪の場合、噛み合わない議論からオコな感情を受け入れてしまう流れに発展するのだが、今回はそれが発生せずに終わった。これや、これ。

そして、仕事に集中できた。

結論から話さない人もかなりの該当者がいる。これも自分の経験上だが、こういう人間に限って、毎回しょうもない電話をしてくる。

例えば、「〇〇について、〇〇にある〇〇のことですが、〇〇という話がありまして、〇〇の連絡先が知りたいです。」なんて電話があったとする。

「〇〇の連絡先が知りたい」を補足する流れを聞くまでに、聞き手としては結局何の情報を知りたいかが把握出来ないため、相手の知りたい情報を憶測して聞かざるを得ないが、情報が煩雑過ぎて途中から議論の焦点が合わなくなるケースがある。

「相手に余計な情報を与えない」というのもコミュニケーション技術には必須。特に結論を後回しにする会話というのは、話しているうちに情報精度が次第に劣化し、時間もかかる。情報が煩雑化するため、付随する情報を得ることも出来るが、現時点において不要な情報なら結果的に意味はない。