作曲

【作曲】シンコペーション

投稿日:2016年6月15日 更新日:

ベロシティの設定

ベロシティ設定はドラムパートを打ち込む際に重要な項目である。
もちろん、ノリを与える上でロケーションは重要であるが、ベロシティを設定してやればロケーション設定がジャストあっても驚くほどノリが出せるようになる。

表拍と裏拍

ハイハットによるアクセントはノリを表現する上で特に重要。
ベロシティによってアクセントを自由に操るようにできれば、ドラムの打ち込みのクオリティは格段に高まる。

表拍(一拍目が強い)

裏拍(3拍目が強い)

変則

明快なビートを打ち出す

(1)基本グルーヴを意識する

A:4分音符、8分音符、16分音符のどれを強く感じさせるのかを考える。
明快なビートを打ち出すならば、4と8(どちらかというと4寄り)にし、16はあまり強く感じさせないほうがよい。

f:id:tanomai39:20170117233245p:plain:w400

B:パターン内でのシンコペーションの有無と種類

f:id:tanomai39:20170117235217p:plain:w300

シンコペーションは8分音符か16分音符で入れる。
※シンコペーションとは、拍の裏から次の拍の表に向けて音を伸ばすこと。

(2)小節をまたぐシンコペーション

適度に入れること。

(1)基本グルーヴを意識
低音域のアクセントと中音域のアクセントで基本グルーブを表現
基本グルーブの2・4拍目のアクセントをスネアに、それ以外をキックに割り当てる。

f:id:tanomai39:20170117234501p:plain:w350

高音域の刻みを追加

8ビートの場合はとりあえず8分音符の連打と考える。
考えるべきはパーツ選び。抑えたい場面ではクローズハイハット、ほどほどに広げたい場合はライド、盛り上げたいところではオープンハイハットにする。ハイハット部分をライドで刻むことで別パートとの差別化をはかる…Bメロや間奏をライドで刻むのはテッパン。

f:id:tanomai39:20170115142354p:plain:w400

(2)小節をまたぐシンコペーション

キックとシンバルの組み合わせが最もスタンダードな形。

f:id:tanomai39:20170115142952p:plain

-作曲
-

Copyright© あとは頼みます。 , 2020 All Rights Reserved.