作曲

【作曲】VCF

投稿日:2016年3月4日 更新日:

【シンセ理論パート3】:VCF

フィルター

フィルター:ある周波数領域の音を削って、音色を加工する機能。

フィルターを掛ける周波数の事を「カットオフ・フリケンシー」という。
この「カットオフ・フリケンシー」に時間的変化を与えて削る周波数を上下させたり、 削る量を変化させるとシンセサイザーらしい、面白い効果を得られる。

フィルターの種類

ローパス・フィルター(LPF)

高音域の倍音を削る。
シンセの音作りをする場合に使用するのは、9割がローパスフィルター。

ハイパス・フィルター(HPF)

低音域の倍音を削る。補正用のニュアンスが強い。
①音が思ったより太すぎる場合
②意図的に低域をカットして、ラジオ的なローファイ感を出したい場合
③フレーズが低音域になった場合にレベルが大きい場合

バンドパス・フィルター(BPF)

欲しいところだけを残し、高低音を削る。存在感のある強い音にしたい場合など。
①中音を軸とした存在感を出したい
②広域と低域を共にカットする必要があり、同時にEGやLFOなどでモジュレーションをする際、カットオフのポイントも同期させたい

NOTCH FILTER(ノッチ・フィルター)

中音域部分を削る。
①他のフィルターとシリアル接続して不要な周波数をピンポイントで削りたいとき
②LFOやEFでカットオフをモジュレーションして、柔らかいフランジャーのような効果を作りたい場合

COMB FILTER(コム・フィルター)

特徴:櫛上に削ることで、縞上に残る。

レゾナンス(RESONANCE)

特徴:カットオフ・ポイントの周波数帯域にある倍音を強調する
使用法:ギュイーン、ビューンといった音に変化する

キーフォロー

自動的に音量を補正する機能。
※ローパスの場合、高音の音量が下がるが自動的に音量を調整してくれる。

-作曲
-

Copyright© あとは頼みます。 , 2020 All Rights Reserved.