作曲

【作曲】ノンダイアトニックコード

投稿日:2017年4月4日 更新日:

【コード理論パート5】:ノンダイアトニックコード

ノンダイアトニックコード

ダイアトニック以外のコード

ダイアトニックコード以外のコードを使うことで、表情の変化を作る。

転調との違い

転調とはKeyの世界が完全に書き換わること。
下記に記載する手法は借用和音であり、転調ではない。

モーダルインターチェンジ

同主調からダイアトニックコードを借りてくることを「モーダルインターチェンジ」という

Key

Chord

Cメジャー

CNM

Cメジャーの曲でCNMのコードを借りてくることができる。
特にFm(Ⅳm)のSDmはポップスで最も出現する形。

Chord:F-Fm-Em-A-Dm-G-C-C
Degree:Ⅳ-Ⅳm-Ⅲm-Ⅱm-Ⅴ-Ⅰ-Ⅰ

セカンダリードミナント

ダイアトニックコードに向かうためのドミナントモーションをつける。

F#はノンダイアトニックの性質が強く、解決感がないため使用しない。
D7はダブルドミナント、ドッペルドミナントともいう。

Chord:C-F-Bdim-E7-A7-D7-G7-C
Degree:Ⅰ-Ⅳ-Ⅶdim-Ⅲ7-Ⅵ7-Ⅴ7-Ⅰ

裏コード

ダイアトニックコードのうち、最も緊張状態を作るV(D)の代理コード。
5度圏の直径上にある2組のコードが、裏コードの関係になっている。

3度と7度が共通しているコード。

聴感としてはⅤ-Ⅰの動き(5度進行)が最も解決感が近い。

Chord:Em7 A7 Dm7 G7 C△7
Degree:Ⅲm7 Ⅵ7 Ⅱm7 Ⅴ7 Ⅰ△7

Chord:Em7 E♭7 Dm7 D♭7 Ⅰ△7
Degree:Ⅲm7 裏 Ⅱm7 裏 Ⅰ△7

-作曲
-

Copyright© あとは頼みます。 , 2020 All Rights Reserved.