読書

【読書】反応しない練習

投稿日:2016年2月3日 更新日:

【読書記録パート4】 :反応しない練習

感想

反応している自分に気付き、生活している中のほとんどの時間をマイナス思考と向き合っていることに気付いた…本当に人生損している…絶対に損してる。私はそのマイナスの刺激に対して自分から近づき、自らの手で苦しんでいる。

人によっては理不尽な言葉を受け取らずにさっと流してしまう人もいるはず。言ってることは絶対的に向こうがおかしいことも多いけど、それをいつまでも気にしてしまう私も私よ。

3つのステップを実行

①:マイナス思考や過去の記憶に反応している自分に気付く。反応したことを口に出して自覚する。
②:マイナス思考をただ「ある」ものとして観察する(受け入れず、無理に離さない)
③:別のことに意識を向けて、夢中でやる。

快(幸福)に目を向けて、今にトキメク楽しい人生を作っていく。ネガティブなのは言い換えれば現実をきちんと見てるってことでもあるから、億劫にならないようにしようとおもった訳よ。

私の場合は特に目を閉じているときに、マイナス思考の連鎖が始まってしまうことがある。まず反応している自分に気付き、少しずつ快の思考へシフトチェンジする訓練をしていきたい。

-読書
-

Copyright© あとは頼みます。 , 2020 All Rights Reserved.