作画

【写真】撮影モード/小技

投稿日:2018年9月10日 更新日:

撮影モード

本来、撮影モードのノブが単独で付属している。
NEX-5Rは極端にノブが少ないため、ディスプレイで操作するしかない。これは不便。

P(プログラム)モード

ProgramのPから。最も基本的なモード。

露出は、露出補正のみ変更可能。絞り、シャッタースピードはISO感度は自動設定。
ISOは自動設定を「入」にしていれば、カメラ側で設定。そうでなければ自分で設定。これは全てのモードに当てはまる。

A(絞り優先)モード

ApatureのAから。
絞り(F値)が変更可能。

S(シャッタースピード優先)モード

ShutterのSから。
シャッタースピードのみ変更可能。

M(マニュアル)モード

ManualのMから。
全て自分で設定する。ビギナー向きでない。

小技

水平器

撮影後に写真を確認すると思ったより傾いていることがあるが、撮影前に水平器を用いると良い。
デジカメには電子水準器が付属しているものが多い。

*NEX-5Rの場合

コントロールホイール上のDISPを何回か押すと、水平器がディスプレイに表示される。

-作画
-

Copyright© あとは頼みます。 , 2020 All Rights Reserved.