映画

【映画】ユージュアル・サスペクツ

投稿日:2018年8月14日 更新日:

【映画記録 パート26】:ユージュアル・サスペクツ

あらすじ

5人の悪党が集まった犯罪計画の顛末を、トリッキーかつ巧緻な構成で描いたクライム・ミステリー。

感想

1996年公開。

以前見たことあったんだけど、ラストシーンを見たかどうか忘れてた。
私の脳みそはどうかしている。

カイザーソゼという大悪党は誰かって物語だったが、最後の展開予想できてしまった。
ヴァーバルの話がどこまでフィクションだったのか、気になってしまう。

既視感があったせいもあるけど、そこまでどハマりできなかった。
アカデミー賞受賞してるし、役者は最高だった。
主演のケヴィン・スペイシーは見たことあるなーって思ってたら、アメリカン・ビューティーだった。
顔の表情から湧き出る禍々しいエロティシズムはこのせいだった。

あと、アメリカ映画はケツの穴好き。日本人には分からない感性。

星評価:★★☆☆☆

-映画
-, , ,

Copyright© あとは頼みます。 , 2020 All Rights Reserved.