作曲

【作曲】ダイアトニックスケール

投稿日:2018年3月1日 更新日:

【メロ理論パート2】:スケール

スケール

スケールとは音の高低をある規則で並べたもの。日本語でいうと「音階」

*導音
主音の半音下に存在する、旋律を主音へと導く音。スケールの第7音が導音にあたる。

ダイアトニック・スケール

ダイアトニックスケールとは、「5つの全音」と「2つの半音」で構成された7音のスケールのこと。

ダイアトニック・メジャースケール

「全-全-半-全-全-全-半」の並びで構成されるスケール。

ダイアトニック・マイナースケール

マイナースケールには「3つの種類」がある。
Cメジャーの平行調のAマイナーで記述する。

ナチュラルマイナースケール(自然的短音階)

「全-半-全-全-半-全-全」の並びで構成されるスケール。

特徴:平行長調と全く同じ構成音

ハーモニックマイナースケール(和声的短音階)

「全-半-全-全-半-半+全-半」の並びで構成されるスケール。

特徴:第7音が半音上がって導音に変化
第6音から第7音が「半+全」となり、和声の性質を持つことから和声的短音階と言われる。

メロディックマイナースケール(旋律的短音階)

「全-半-全-全-全-全-半」の並びで構成されるスケール。

特徴:第6音、第7音が半音上がって変化
和声の性質を無くして、流れを滑らかにした音階。
下降で進んだ場合、メジャースケールと同じように聴こえるため、上昇進行で使われる場合の方が多い。

-作曲
-

Copyright© あとは頼みます。 , 2020 All Rights Reserved.