作画

【作画】Gutenberg:マーカーを追加する

投稿日:2020年8月14日 更新日:

エディタボタンをカスタマイズ

そうです。

私もGutenberg嫌いです。でも、慣れるまで使ってみます。

編集画面に出てくるエディタを「リッチテキストエディタ」と称するそうですが、全然リッチじゃありません。デフォルトだと使いにくくてしょうがないので、少しカスタマイズします。

テキストエディタをヘッダーに固定する

  • 歯車マーク右のオプションをクリック。
  • トップツールバーをクリック。選択するとブロックごとに表示されるツールバーがヘッダー部分に固定される。

マーカーボタンを出現させる

Gutenbergのブロックエディタはデフォルト段落ブロックを挿入すると、文字のフォントや色、マーカーのエディタボタンが表示されてません。

クラシックブロックを追加すればボタン表示されるのですが、+ボタンを押してクラシックボタンを起動する手間が増え、その上クラシックエディタでマーカーを選ぶのにもう1つ作業が発生します。

その手間が「許すまじ作業」となりますので、さっさとプラグイン追加します。

*参考にさせて頂いたページ

https://technote.space/add-richtext-toolbar-button

*プラグイン

https://github.com/technote-space/add-richtext-toolbar-button#add-richtext-toolbar-button

上記の通り、マーカーの呼び出しが可能となりました。

あと、個人的に赤マーカーしか使わないので、Add RichText Toolbar Buttonの設定で、それ以外のマーカー色は無効化しました。アコーディオンタブが無くなって、1回選択すればマーカーが表示できるようになった〜。

-作画
-

Copyright© あとは頼みます。 , 2020 All Rights Reserved.